収入がない主婦でもお金を借りる方法あります

お金を借りる,主婦

生活費が足りなくなり、夫には内緒で借り入れしたいと思う専業主婦は意外と多いものです。

 

本当はきちんと相談したほうがよいのはわかっているけれども、一刻を争うような、相談している時間すらないこともあります。

 

一般的にお金を借りる時には、返すための収入がなければ借りることはできないような気がしますが、収入なしの主婦でもお金は借りられる方法はあるのでしょうか。

 

 

銀行カードローンであれば、収入なしの主婦でもお金を借りることができます。なぜ銀行カードローンでお金が借りられるかというと、総量規制という法律が深く関わってきます。

 

総量規制とは、借入総額が収入の3分の1までに制限されるという法律です。銀行カードローンは、総量規制対象外となっているため、配偶者に収入があればお金を借りることができるのです。

 

さらに銀行カードローンは配偶者の同意書や収入証明が不要であるため、夫にばれることなく借りることができるのです。

主婦でもみんな家族に内緒でお金を借りてます

主婦の方でも次の給料日までの生活費が足りなかったり、どうしても買い物したいものがある時など、家族に内緒でお金を借りたいときはあるのではないでしょうか?きちんと勤めているような収入がないとカードローンでお金を借りることはできないと思っていませんか?

 

しかし、主婦でもカードローンが使える方法があるのです。それが銀行カードローンです。銀行カードローンは、総量規制対象となっていますので主婦でも申し込みができます。

 

また、申し込み時には、借りる本人だけの本人確認書類があればいいため、家族には全く知られることなく内緒でお金を借りることができます。消費者金融の場合は配偶者の同意書も必要となるため、家族にバレてしまいます。銀行カードローンだけは、そういった心配をしなくてもいいのです。

 

また、審査も会社によっては厳しいところもありますが、パートやアルバイトなどでも申し込めるところもあるため主婦でも審査が通りやすくなっています。

身分証明書のみで主婦でもお金を借りれます

お金を借りる,主婦

主婦がお金を借りるための審査に必要書類として、通常のカードローンの場合は身分証明書、収入がわかる源泉徴収票などの書類に加えて、配偶者の同意書が必要です。

 

もしも、家族に内緒でお金を借りたい場合、同意書など用意していたら完全にバレてしまいますよね。また、収入が無ければいけないということで、専業主婦には借りられないことになってしまいます。では、専業主婦はお金を借りるのは無理なのでしょうか?

 

そんなことはありません。銀行カードローンなら、これよりも少ない書類でお金を借りることができます。

 

最低必要な書類は、本人の身分証明書だけでいいのです。これなら、家族にバレることもありませんし、専業主婦でも簡単に用意することができますね。

 

専業主婦がお金を借りる場合には、多くの場合まず必要書類を揃えることができません。しかし、銀行カードローンだけは収入がなくとも家族に同意をもらう必要もなく、お金を借りることができるのです。

主婦がお金を借りるための審査内容に迫る

主婦がお金を借りるための審査内容に迫るとなると、本当にお金は借りることが出来るか、不安を払拭するためにも知ることは大切です。

 

銀行カードローンの申込は、有職者ではなくとも主婦の場合は、申し込みをすることができます。カードローンを申し込みをして、その条件として安定した収入があることが、ひとつの条件となります。

 

しかし専業主婦の場合は、パートやアルバイトもしていない場合、自分で稼いでの収入はありません。だからカードローン申し込みとしては、条件から外れることになると思うでしょうが、そこは立場的に有利になります。

 

奥さんには収入がないとしても、結婚相手である配偶者に安定をした収入があれば、カードローンの申し込みは可能となります。一般的なカードローン申し込みは、会社への在籍確認がありますが、働いていない奥さんの場合は、基本的に在籍確認なしということになります

 

専業主婦であっても、銀行カードローンは、配偶者に収入があれば申込可能ということです。

主婦がお金を借りるまでの流れを把握しよう

銀行カードローンで主婦がお金を借りるまでの流れを紹介します。なおローン契約機のあるメガバンクの銀行カードローンの一連の流れを紹介します。

 

申し込み

スマホから24時間365日いつでも可能です。審査受付時間はおおむね9時~21時となっており、即日融資を受けるためにはこの時間に余裕を持って申し込む必要があります。

 

審査

審査は土日祝日でも最短30分で行い、結果をメールなどで貰えます。金融機関により異なりますが、200万円~300万円までの借入なら運転免許症などの身分証明をスマホで撮影してアプリやメールから送信するだけの簡単手続きとなっています。

 

お金を借りる

平日14時までに全ての手続きが完了したら、申し込み者の銀行口座に振込み融資されます。平日14時以降や土日祝日に即日融資を受けるには、金融機関のATMコーナーに設置されているローン契約機で契約する必要があります。振込みができない時間帯なので、ローンカードを受け取り、ATMから借入することになります。

 

なお2回目以降の借入や返済は、コンビニATMからいつでもできます。

収入のある主婦のお金の借り方を見てみよう

お金を借りる,主婦

パートで収入ありの主婦がお金を借りる時、消費者金融や銀行カードローンを利用することになります。この時金利の低さで選ぶか借りやすさで選ぶかによって、利用する金融機関が異なります。

 

まずパートで収入があるといっても、どこの金融機関でも審査に通るか分かりません。一般的に消費者金融の方が審査に通りやすい反面、金利がほぼ上限金利の18%となります。一方銀行カードローンは、収入ありなしに関わらず主婦でも貸し付け対象としている金融機関が多いのです。

 

銀行カードローンは金利が15%ほどで、消費者金融よりも3%ほど低いのが特徴です。その反面審査に通りにくく、他社の借り入れ状況などによっては審査に通らないことも十分考えられます。
ですからパートをされている主婦は、消費者金融の方が借りやすいというわけです。

 

金利の高さが気になる方のために付け加えると、大手消費者金融なら、初めての利用者のために30日間の無利息サービスを実施しています。このサービスを上手く利用すれば、金利の高さはあまり気になりません。

主婦による金利負担の軽いお金の借りかた教えます

主婦がお得にお金を借りるのであれば、金利の比較をして一番返済の負担が少ない場所から借りることがポイントとなります。融資を受けることができる場所というのは、銀行カードローンや消費者金融がありますがまずはそれらの金利をよく比べた上で一番返済額が少ないところを選ぶようにしましょう

 

少額の借り入れ時には抑えておきたいこと

ここでもうひとつおさえておきたいことが、少額の場合には金利よりも返済のしやすさによって返済額が変わってくることもあるので注意が必要です。返済の方法には銀行振込や口座引落、ATMからの返済など様々なものがありますが中には手数料が発生するものもあります

 

返済にかかる手数料を考慮しておかなければ、少額で短期間だけ借りるといったときには手数料のほうがたかくついてしまったということもありますから、返済の時にかかる費用に関してもよく考えて利用をするとお得にお金を借りることができますから、借りる前には返済総額を細かい部分までチェックすることが大切です。

お金を借りたい主婦の限度額設定に迫る

お金を借りるためには銀行または消費者金融に申し込みをする必要がありますが、消費者金融では総量規制の関係で専業主婦といった収入のない人には利用できません。

 

アルバイトやパートをしていれば可能ですが、その場合は収入から利用限度額が算出されるので、年収の3分の1までが限度額となります。専業主婦の場合は、総量規制の対象となっていない銀行カードローンが利用できます。

 

こちらは夫の同意がなくても申し込みができますが、収入がないという分だけ信用がないため、借りられる金額にも制限がかかります。審査によって金額は変わりますが、一般的に限度額は50万円までが一杯と言われています。

 

どうしてももっと高額の限度額が欲しい場合には…

それ以上のお金を借りる場合は銀行や消費者金融のどちらでも構わないので、配偶者貸付というものを利用する必要があります。配偶者貸付とは夫の収入と合わせて夫婦の年収で計算され、消費者金融でも合計の3分の1までが借りられるようになるのです。

 

ただし、同意が必要なため必ず夫にばれるということは理解しておく必要があります。

主婦でもすぐにお金が借りられます

お金を借りる,主婦

生活費のやりくりが大変で今すぐお金を借りたいとき、主婦であってもお金を借りることは可能です。一般的に主婦と言うと夫の収入に頼っていると考えられ、借入れの審査でも不利だと考えられがちです。

 

しかし決してお金が借りられないわけではありません。現在、銀行カードローンのほとんどでは主婦の申込みも歓迎しています。

 

銀行カードローンの審査基準を見てみると、夫がきちんと働いていて安定した収入があれば、無収入の主婦でもキャッシングができます。また銀行カードローンは総量規制の対象外なので、他の金融機関で借入れしていても影響はありません。

 

カードローンによってはネットから申し込みから審査まで来店不要で完了することができ、夫の同意書や収入証明が不要なことも多いため、絶対に夫にばれたくない人にも安心です。

 

また審査から借入れまでがスピーディーなので即日キャッシングも可能、どうしても今日中にお金が必要なピンチのときにスムーズにキャッシングすることができます。

主婦がお金を借りるなら三井住友銀行カードローン

収入のない専業主婦は消費者金融からお金を借りることが出来ません。総量規制という「年収の3の1までしかお金を借りることが出来ない」という法律があるためです。しかし、銀行系のカードローンなら総量規制対象外となるため、審査時にご主人の収入証明の提出が必要なく、ご家族に知られずにお金を借りることが出来ます。

 

実際の手続きの流れを、三井住友銀行カードローンを例にとりご説明しましょう。三井住友銀行では電話、インターネット、カードローン契約機の3種類の申し込み方法が選べます。どの申し込み方法でも必要事項の入力⇒仮審査⇒カードローン契約機で身分証明書を提示後、カードが発行されます。それぞれに次のような特徴があります。

  • 電話 手入力不要で、契約機に行く前に審査結果が分かる
  • インターネット 審査時間が短い
  • カードローン契約機 その場で審査、発行のため最短1時間でカードが発行される

なお、三井住友銀行では予め口座開設の必要が無く、毎月の返済はどれだけローンを組んでも1万円です。他のカードローン会社と比べても金利が低いので、主婦がお金を借りる場合には良い選択肢となります。