お金を借りるには銀行か消費者金融のカードローンを利用することで可能となりますが、誰にでも貸してくれるというわけではありません。

 

特に収入のない専業主婦には厳しい目があり、消費者金融では夫に内緒で借りることは不可能です。お金を借りる際に調べたらすぐに名前が出てくるとは思いますが、消費者金融では総量規制と呼ばれる法律を守らなければいけないためです。

 

総量規制とは2010年6月に制定された貸金業法で、当時は利用限度額や借りられる対象というものが明確に決められていませんでした。そのため、収入に対して返済できる額が大きくなりすぎて、借金で苦しむ人が多かったことから政府が改定した法律となります。この内容は一部の例外を除いて年収の3分の1以上の融資をしてはいけないのと、収入がない人に貸付を行ってはいけないという決まりです。

 

総量規制がかけられたのは消費者金融で、パートやアルバイトをしていない専業主婦は利用することが不可能となっています。逆に言えば収入ありとなれば問題はないので、消費者金融でお金を借りたいと思ったらパートを始めれば半年ほどで申し込みが可能となります。それまで待てない、収入なしでも借りたいという人には銀行のカードローンを利用するという方法もあります。

 

銀行は貸金業法に縛られない金融機関となっているため、総量規制対象外となって仕事をしていない人でも利用することは可能です。専業主婦でも書類さえ用意できれば、夫にさえ内緒で借りることができます。

 

ただし、収入がないというのは信用上に問題があるため、利用限度額がかなり絞られてしまいます。多くても30万円ほど、申込時に希望がなければ10万円くらいになるでしょう。

 

専業主婦のお金の使い道となれば、大きな買い物をすることもないでしょうし、大抵は生活費の補助といったところのはずなので、限度額は少ないですが十分と考えられます。これ以上の金額を望むのであれば配偶者貸付を利用するか、パートでお金を稼ぐ必要があります。