収入なしの専業主婦の方の場合、利用限度額は決められています。いくつかの銀行の専業主婦の利用限度額について例を挙げると、みずほ銀行カードローンや東京三菱UFJバンクイックなどでは30万円と設定されています。

 

また静岡銀行カードローンやセブン銀行カードローンなどでは、50万円に限度額は設定されています。なお新生銀行カードローンレイクや横浜銀行カードローンでは審査によって決定されるシステムです。

 

ですがお金を借りる際に、限度額の増額を申請をしたいということがあるかもしれません。一般的にはこれ以上の借り入れを行うことは非常に難しいことだとされています。これは自身に収入がないために信用がなかなか得られないからです。

 

一方でパートやアルバイトによって収入ありの方の場合であれば、年収の3分の1以上の借り入れを行えることもあります。この基準を総量規制といい貸金業法によって定められています。なおこの総量規制が適用されない、銀行カードローンならば収入なしの場合でもお金を借りることができます。

 

このようなシステムによって増額が可能な銀行カードローンには、新生銀行カードローンレイクや三菱東京UFJ銀行カードローンなどがあります。ここではそちらの増額審査について紹介します。まず大きな条件の一つには契約しているカードローンが増額に対応している必要があります。

 

先ほど紹介した二つの銀行カードローンの他にも、増額申請を受け付けているものはありますので、必要に応じてチェックするようにしましょう。また返済額の延滞を一度もしていないことも必要です。

 

増額に使われている審査の基準は、返済を確実に行ってくれるという信用性や信頼度です。もしも一度でも延滞していた返済履歴が確認された場合、増額は厳しいと言わざるを得ません。また前回毛英訳から最低でも半年以上は経過していることも大切です。ですから最低でも半年?1年以上は利用するようにしましょう。