主婦がお金を借りる場合、過去の利用履歴がチェックされます。個人信用情報機関の利用履歴は、それぞれの金融機関が開示請求できる仕組みになっています。

 

過去に長期の返済滞納、債務整理などを行った場合、その履歴はそのまま残されているのです。申し込み情報も登録されるので、短期間で立て続けに審査を受けると借りることができなくなります。

 

過去の履歴については、審査のときに嘘をついてもバレてしまいます。嘘は信用力を低下させる行為であり、バレたときのリスクが大きいので事実のみを記載してください。

 

主婦が消費者金融からお金を借りる場合、年収の3分の1以内で希望額を決定することになります。他社の借入も含めて計算する必要がありますが、銀行や信用金庫ローンなどは除外されます。

 

これらのローンは総量規制の適用外となるため、年収の3分の1を超えた借入もできるのです。ただし、上限額はあくまで金融機関側が決定するので、希望額がそのまま通るとは限りません。実際に借入できる金額は、消費者金融も銀行もそれほど変わらないのが現実です。

 

専業主婦がお金を借りる場合においては、年収基準は適用となりません。主婦業に専念している主婦、つまり年収はゼロとして捉えられるため、配偶者の年収基準を見て審査の合否が決定されます。

 

夫婦ともに無職の状態にあるなら、どのようなローンであってもお金を借りることはできません。お金を借りるためには、借りる金額以上の返済能力があることが必須となります。例えば、100万円を借りて半分しか返済できない方には、当然ながら融資はしてくれません。

 

信用情報については過去の利用履歴がいい場合、審査で有利に働くと考えていいでしょう。過去にキャッシングなどの多目的融資を利用し、短期間で完済した方は信用力が高くなります。延滞は1回でもネガティブ履歴となるので、たった1日でも延滞は避けたいものです。お金を借りるときは完済までをイメージして借りるようにしてください。