旦那のカードローンの利用状況が主婦の借入に影響するかどうかは、どのようにしてお金を借りるかによって変わってきます。まず、主婦がアルバイトやパートなどで収入を得ており、この自分の収入だけで借入を行おうとする場合、単独で利用条件を満たしているので、配偶者がカードローンの利用中でも問題はありません。

 

本人の収入が不十分、または働いていないので収入がなく、単独では審査に通らないため、配偶者の収入を元にして借入を行おうとする場合には影響が出ます。この方法を利用するときには配偶者に返済能力があるかどうかが審査で確認されます。

 

そのため、カードローンなどの借入が多いと返済能力が低くなってしまい、審査に落ちてしまうことがあります。また、契約できた場合でも本人に十分な収入がないので、借入できる上限は低くなります。

 

なお、配偶者がカードローンを利用することで総量規制の制限にかかって借りられなくなるというケースは、銀行や大手の消費者金融を利用する場合には気にする必要はありません。

 

銀行の場合は元々総量規制の対象外であり、消費者金融の場合でも大手は本人の収入が必須とされているため、新規に契約しようとしても利用条件を満たしていないので契約ができません。中小の消費者金融の場合は配偶者の収入で利用を認めていることがありますが、これを利用する場合は本人と配偶者の借入の総額で総量規制の制限がかかるので注意が必要です。

 

また、銀行の場合は収入がなくても利用できるカードローンの一部にあります。これは審査で収入を確認していないので、配偶者がカードローンの利用中でも問題ありません。

 

申し込みを行った主婦本人が他社から借入をしていたり、返済の遅延や債務整理などの問題を起こしていなければ利用できます。

 

借入限度額の上限は一般的なカードローンと比べると低くなりますが、自分自身に収入がない状況で借り過ぎると返済できなくなってしまうので、追加で他社と契約しようとせずに、この範囲でやり繰りできるようにしましょう。