主婦が、生活費に困ったり、ギャンブルにのめりこんだりしてお金が必要となったとき、誰にも相談できずに貸金業者からお金を借りるという話は、そう珍しいことではありません。借金をして一時的に窮地をしのいだところで、それで問題が解決できたわけではありません。

 

むしろ、放っておけば利息が膨らむ借金を背負うことで、もっと大変なことになってしまいます。主婦の場合には、その問題が自分のことだけでなく家族にまでバレることが、もっとも懸念するべき点といえます。

 

家族、特に夫が借金の事実を知ってしまうと、当然のことながら離婚の危機となります。よしんば離婚をしないとしても、配偶者であっても連帯保証人になっているわけではありませんから返済をする義務はありません。

 

つまり自分の力で返済をしていかなければいけないことに変わりがないのです。苦境から逃れるためには、一番の解決策は借金を早く返済することです。しかし、お金に困った主婦が資金に余裕を持っているわけがなく、結局ほかの貸金業者にお金を借りることで、返済をするということになります。

 

それを何度も繰り返していくと、利息が増えていく分で借金の額がどんどんと膨らんでいく多重債務者となりえるのです。その結果、滞納をしてしまうと、督促状が家に届いて、それが家族の目に触れてしまいます。

 

では、多重債務に陥らないよう、利息が膨らむのを防ぐために心がけることは、一括返済です。それというのも、利息というのは月利であれば毎月、日利であれば毎日、膨らんでいくことになります。つまり2か月、3か月と返済期間が延びていくと、それだけ利息負担が厳しくなるので、一括返済で一気に完済までもっていくことが良いのです。

 

もしも、返済額が多すぎるというのであれば、任意整理をして貸金業者と交渉して減額をしてもらうという方法もあります。どの程度の金額を減額できるのかは、場合によって異なりますが1割程度とみておくことです